記事リスト

クラスTはぜひ専門業者に

Tシャツ

手作りとの違い

東日本大震災以降、人の絆やつながりが重要視される傾向にあります。その中で仲間の結束を固めるクラスTシャツは仲間内の一体感の象徴だけではなく、後々思い出にも残ることから学生のみならず社会人サークルの間でも需要が増えています。しかし無地のTシャツにワッペンを付けるだけでもよいクラスTシャツが、専門業者にオーダーする人が増えているのはなぜでしょうか。まず、労力やコストが下がるということが大きいでしょう。一枚一枚手作りで作成する場合、無地のTシャツを購入してから染色やワッペンの貼り付けを行わなければなりません。これを仕事や家事の合間に行うことは大変ですし、メンバーの脱退や加入によって新たに買い足し作成する手間もあります。手作りな分思い出深いものにはなりますが、着用と洗濯を繰り返すことでボロボロになることも多く、そのたびに縫い直したりすることもあるでしょう。専門業者に依頼すればこれらの手間の殆どを解決することができます。まとめて発注すれば安く済むうえに、急な発注にも迅速に対応してくれるところが殆どです。また安く済むとはいっても元になるTシャツの素材も安かろう悪かろうではなく、汗に強い素材を使用したTシャツを使います。また学生向けのクラスTシャツだとしても、業者の提供するデザインは本格的で、デザインのイメージを提供するだけでそれに近しいデザインを提案してくれます。クラスTシャツとしても、何某かの意図あるデザインのほうが、メンバーの士気にも繋がりやすいのではないでしょうか。